女性

簡単にしわ消し

鏡を見る人

表情しわ消しに便利

ボトックスは小顔効果のイメージが強いこともあり、エラに打つことが多いですが、しわ消し効果も期待することが出来ます。加齢によるしわをボトックスで消すのはなかなか難しいですが、笑ったり眉間にしわを寄せる癖があったりすると出来てしまう「表情しわ」であれば、ボトックス注射を利用して消すことが出来ます。表情しわをボトックスで消すことが出来る仕組みは、表情を動かすことで表情筋が鍛えられてしまいます。それがしわの原因となっているので、それをボトックスを打つことでその筋肉を細くしてしわを消すという仕組みです。元々ボトックスは運動障害の一つである「痙縮」という症状を改善するために利用されてきました。痙縮とは、脊椎損傷などによって起こるものであり、筋肉が緊張しすぎることで動かしにくくなってしまう症状のことを言います。この痙縮をボトックス注射を打って一時的に麻痺させることで症状を改善することが出来ます。美容における効果も同じように筋肉を一時的に麻痺させることで筋肉が細くなるという仕組みとなっているのです。ボトックスを1回打つだけでもしわが消える効果を感じることは出来ますが、表情筋は日頃から使う筋肉なので、1回ではなかなか効果を持続させることは難しいと言えます。そのため、3か月から半年に1回程度のペースでボトックスを打ってしわが気になる部位の表情筋が発達するしてしまうことを防ぎ、効果を持続させましょう。ですが、利用する際に注意しなければいけない点もあります。若いうちに表情筋を細くしてなかなか元に戻りにくい状態になってしまうと、老後、注射を打った部位は他の部位よりも皮膚がたるみやすくなってしまいます。年齢を重ねると表情筋を鍛えるのが年々難しくなっていくので、より老けた印象になってしまいやすいというデメリットもあるということを理解しておきましょう。このようにボトックスにはしわ消しやエラの張りを目立たなくするなどといった効果を期待することが出来ますが、その分デメリットもあるという点を理解して利用することが必要です。